2009年01月25日

泰山北斗

泰山北斗(たいざんほくと)

今年新年のイベントで、がんばれ社長の竹沢氏の「社長の四字熟語」を買いまして、毎日目を通しています。

たくさんの四字熟語の中から、選ばれた100の熟語ですから、それぞれの持つ意味を考えると、一つ一つが心に響きます。

今日はその中のひとつ

泰山北斗を紹介します。

語源は
新唐書」に出てくる言葉で、
「泰山」は、中国山東省にある天下第一といわれた名山。中国五岳のひとつで道教の聖山だそうです。そして「北斗」は北斗七星のことです。
つまりどちらも人が仰ぎ見るもののたとえです。


竹沢氏はこれをビジネスに置き換えて

「世の中に無くてはならない存在」になるのではなく、「世の中になくても良い存在を目指そう」と

深い意味だと思いませんかひらめき

商品やサービスを絞り、ターゲットを絞り、創意工夫して、無くても良いけど、出来ればほしい

というものを提供できれば、それに越したことはありません。

経営の根底に「泰山北斗」を目指すという志を持って行きたいと思います。
posted by まる at 09:21| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。