2009年05月20日

「ばかもの」が、うねりを起こす

以前と比べ、テレビを見る時間というのは、本当に少なくなりました。

多分多くの皆様と同様、自分にとって価値のある内容が少ないというのが大きな理由ですね。

テレビの広告価値が下がると、予算も少なくなり、結果として時間をかけて丁寧に作るということができなくなるのでしょう。

それでもたまにはスポーツや情報番組を見ます。

火曜日の22時、テレビを見るとすれば、ガイアの夜明けですが、昨夜はNHKでした。

タイトルは「プロフェッショナル 仕事の流儀」
登場人物は 木村俊昭さんという、農林水産省に勤務するサラリーマンです。


もともとは、小樽市の職員でしたが、手腕を買われて内閣府に引き抜かれたという異色の経歴の方です。

自分が暮らし自分が勤めている小樽を良くしたいという自然な発想から、とにかく色々な企画を考え、実行してきたそうで、民間企業でも「それは無理でしょ」と思うようなことを次々と成し遂げていました。

例えば、小樽運河のライトアップ、職人祭り、ビルゲイツの招聘、スナックのママの観光大使任命などなど、見ていて痛快でした!

小樽には95年から04年まで毎年観光で行っていましたが、観光地としての魅力の陰には木村さんを中心とした、活動があったことを知りました
ひらめき
インタビューで木村さんは「できないと思ったら何も始まらない、だってできない理由は子供でも考えられるでしょう。そしたらできる方法を考えようよ」と行動した話をしていました。

当然今もそれは続いていて、全国の村おこし、町おこし、商店街の活性化などの救世主として日々飛び回っているそうです。

バイタリティあふれる、その笑顔と行動力を見て、私も楽しくなりました。

仕事は、やっぱり、楽しく生き生きとしたいですね!!

そうそう、タイトルの「ばか者」というのは、若い自分(今でもそうだと)上司や同僚にアイディアや企画を話すと必ず言われた言葉だそうです。




posted by まる at 22:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。