2009年10月25日

コンサルの必要性

コンサルタントという業務を生業にして早6年、おかげさまで事業を続けております。

会社員時代から、「大手企業でも困っている営業という部分に特化して業務をサポートすれば、ニーズはある」と思っていましたが、事業をスタートしてみて改めてその必要性を強く感じています。

良いものを持っている、しかし営業戦略を自社で考える部署がない、人材がいないという会社がどれだけ多いのかと・・・考えてみれば、物づくりや実務に特化した人材には人を割けても、経営戦略・営業戦略には人を割けないのは中小企業として、ある意味宿命でもあるとも言えます。

さて、ではその人材を採用し、育てるのが得策かと考えると、企業規模、歴史、業種などありますのでケースバイケースだと思います。

私が今までの実務経験から考えるのに、まずは外部のリソースを上手く使い、社内でそのノウハウを蓄積するのが近道だとは思います。

コンサルタントという職種が、何か特別なことではなく、会社にある課題解決に向けての羅針盤という位置づけだと理解できたとき、

そして、経営者がその必要性を感じ取り一緒に取り組もうと決めたとき、コンサルタントの力を活用できるのではないでしょうか!

弊社には実務ができる中小企業診断士がおりますが、世の中の多くの中小企業診断士は、残念ながら「企業内診断士」としての立場にあり、その能力を発揮できずにいます。

これは、中小企業診断士に限らず、社労士、ITコーディネーターなどなど多くの有資格者にあてはまります。

必要な企業があり、能力を持っている人がいて、マッチングされていないことが、不幸な状況だと思います。

経営改善のため、事業拡大のため、コンサルをぜひ使ってみてはいかがでしょう。もちろん、相互に見極めて、そして一方が動くのではなく、一緒に動いてみることで、WINWINの関係が築けると思います。

今の状況はあまりにももったいないexclamationと思うのです。



posted by まる at 05:28| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。