2009年09月27日

凄いですね、ビックツリー

以前メルマガで、「部下を定時に帰す仕事術」をご紹介しましたが、この本を読んでいたら、「佐々木さんの原点を、ビッグツリーですよ」と知人に紹介され、連休中に読んでみました。

           51HMS6FBMVL._SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA115_.jpg

奥様の病気や自殺未遂、息子さんの病気などなど、普通の感覚では参ってしまうことが次々と起こる中、正面から向き合いながら、サブタイトルにあるように、「私は仕事も家族も決してあきらめない」と会社での実績も着実に上げている様子に、感嘆しました。

本の中で佐々木氏も書いているように、「人生にはその人が乗り越えられる試練が与えられる」と、そして「それを克服することで、有意義な人生を過ごせる」と。

また、この本を書いてみて、講演をしてみて、分かったことは

「実は私の子供も・・・」「主人がうつ病で・・・」「親の介護が・・・」などなど、障害や病気などケースは様々ですが、多くの人がそれぞれの悩みを抱えていていた事だそうです。

佐々木氏も、自分の家族の事を赤裸々に綴ることに抵抗はあったそうですが、自分の本や講演がきっかけで、たくさんの方が、様々な悩みを人に話したり、自分だけが苦しんでいるわけではなかったと、言ってくれた事が、少しだけど役に立ったんではないかと、あとがきに書いてありました。

実は、私の長男も佐々木氏の長男と全く同じハンディキャップを抱えています。

私自身もこの本で多くのことを共感できました。

克服できない試練は与えられないわけですから、佐々木氏のように、日々正面から受け止めて、自分も家族も有意義な時間を過ごしたいと改めて思いました。
posted by まる at 05:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129083589

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。