2009年12月24日

職業病!?

弊社、ビール忘年会での話題の一つ

「もう少し接客に力を入れれば良いというお店多くない?」

「あるある、この前も『2時間飲み放題ですから、全員が揃わなくても始めたらお時間の方は守っていただきます、ラストオーダーは30分前になります』って、でもお客さんが入っていないので、結局2時間半くらいいたんだけど」

「そうそう注文の聞き方ももう少し気配りできないかね・・・」

「お店じゃなくても、銀行や役所も紋きり調だし」

「まずは来てくれてありがとう、という対応や姿勢が必要だよね」

など、喧々諤々・・・

感じの良いお店だと、また行きたいとか、あのお店よかったよとクチコミしたくなりますよね。

もちろん対応が悪いと行かなくなるばかりか、よくないクチコミも発生してしまいます。

ほんの少しの気配りで、人気のお店とそうでないお店に分かれてしまいます。

そこで、はたと思いました!

弊社は営業のコンサルティングを生業としています。
営業マンの研修や、マナー研修、セールス話法などを研究し提供しています。だから気になるのです。


感じのよい接客、会話、ビジネスマナーなど、もう少し改善するだけで、繁盛店・評判店になるよね。と常に改善できないか、提案できないかという視点で見てしまいます。

これは、直接の接客だけでなく、電話応対も、メール文章も・・・

本当に気になる事が多いのです。

もしかしたら、これって職業病ひらめき

全員で顔を見合わせて納得

そして大笑い

でも 仮に職業病でも良いじゃない

みなが感じの良いことに気づいて、世の中のサービスが良くなれば!

仕事のことを常に考える、肯定的に考えたいと思います。
posted by まる at 06:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136339537

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。