2008年05月28日

アースクールパートナー

今日から横浜では、アフリカの40カ国のトップが参加する第四回アフリカ会議が開催されています。

「アースクールパートナー」

世界では、アフリカ大陸のことをこう呼ぶそうです。

アマゾンの森林が作り出す酸素は、地球にとって圧倒的な量だそうですが、アマゾンと同様、アフリカ大陸の樹木は地球温暖化防止に無くてはならないものなのです。

アフリカのトップがこれだけ集まるという重要なイベントをサポートすべく、横浜市内では様々なPRがなされています。

私が利用している、電車横浜市営地下鉄では、ブルーラインとグリーンラインの合計40駅で、一駅一国ということで、駅ごとに一つの国を詳しく紹介しています。

これは、2002年のワールドカップ出場国が、32カ国だったときに当時ブルーラインの駅がちょうど32あったので、応援していたのと同じ企画です。

ちなみに、仲町台(私の最寄り駅)では、エジプトアラブ共和国です。
エジプトの国旗が翻り、様々なポスターが貼っております。

マーケティングの視点からも大変面白いです。

この3日間、環境問題を考えてみる良い機会になればと思います。

posted by まる at 21:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。