2007年12月09日

週刊ダイヤモンド

例によって週刊ダイヤモンド!
      ダイヤモンド071210.jpg
明日発売の週刊ダイヤモンド、いつもながら経済の記事は面白いですが、今回は別の話題です。

この雑誌では、毎号「起業人」ということで、沢山の起業家が紹介されていますが、今週号は株式会社バーチャレクス社長の丸山栄樹氏
彼は故郷の後輩です。

同社はコールセンターの構築からコンサルティングを請け負っており、大手顧客も多く、業績も素晴らしいです!

プロフィールはぜひ誌面を読んでいただければと思いますが、ナイスガイです。

知人が取り上げられるのはとても嬉しいことです。

私も負けずに頑張りたいと思います。
posted by まる at 07:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

教育と学習

先週発売の週刊ダイヤモンド そして今日発売の週刊ダイヤモンドに

     ダイヤモンド071112.jpgダイヤモンド071119.jpg
二週続けて書かれている、陰山英男氏のコラムが面白いです。
陰山英男氏は広島県の小学校の教諭を経て現在は立命館小学校副校長をされています。

今回の話題は、イギリスとフィンランドの教育現場の視察から、日本の教育現場との違いを明確に語っています。

イギリスは「ケンブリッジ大学」と「中高一貫のイートン校」という名門校を
フィンランドは公立の小学校を視察したそうです。

今回の両国、国も違えば、制度も運営母体も違うわけですが
教育という部分では、共通の考えと指導体制・環境があるようです。

それは、
1.高度で適切な教材
2.手厚い指導体制
3.知的環境の整備
4.豊な自然とゆとりある時間の確保
だということ。

いずれにせよ教育の目的が「子供を伸ばす」という点に絞られているということ。もちろん、日本でも目的は一緒だとは思いますが、上記の4点がかなり違うと思います。

いぜん、この大前研一氏の本に書かれていた
北欧の強さの秘密という分析の中に

小学校の教育現場の話があり、それは覚えるのではなく、考えるという教育をしているということでした。

つまり、20人の生徒がいたら20個の答えがあるのが一番良いのだということ。

とても、大切なことだと思いました。

今回のダイヤモンドのコラム、興味がある方はぜひご覧になってみてください。
posted by まる at 06:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

まさに実践Q&A

尊敬している経営者の一人、稲盛和夫さんの本を買いました。
       稲盛さん.jpg

11月1日に発売された、稲盛和夫の経営塾―Q&A高収益企業のつくり方 (日経ビジネス人文庫 (い1-2))です。

これは、有名な「盛和塾」の内容を経営本としてまとめたものの一つです。

私は参加したことはありませんが、人から聞いたり、雑誌等で中身の充実度は理解しておりました。

この本は
その「盛和塾」のなかで行われている、「経営問答」という
塾生が実際に直面している経営上の問題を赤裸々に発表して、それに対して、稲盛さんがアドバイスしている内容がまとめられています。

今回読んでみて、その内容の濃さに驚きました。

経営者が実際に日々直面している問題点に、稲盛さんが正面から、わかり易く、厳しく、そして暖かく答えています。

まさに、実践Q&Aです。

稲盛さんの話を聞きたい、稲盛さんに相談したいという経営者が、後を絶たないという理由がわかります。

本当に充実した内容です。

こんなに価値のある本は久しぶりです。
posted by まる at 08:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

インターネットの普及で

イミダス.gif
イミダス」と「知恵蔵が今年限りで休刊になるそうです。

通常の辞典・辞書とちがい、最新のキーワード辞典として、私も以前は家庭や会社において活用していましたが、確かに今は全く見ていません。

わからない言葉があれば、全てインターネットで調べられる、環境にある現在、わざわざ分厚い辞典は確かに使いません。

そういう意味では、国語辞典も、英和辞書もetc.
全く使わなくなりましたね。

昔は、頭が良いという基準が、「たくさんのことを知っている」ということがあったと思いますが、

今は、調べればわかる知識は、価値ではなく、答えのない問題に対して、どういう答えを見つけるか、というような「考える力」が求められています。

以前、大前研一氏が、北欧の強さの秘密で書いていましたが、小学校の授業で一番評価されるのは、全員の答えが違うことだとか。

つまり、色々な場面場面で自分なりの答えを見つけることが大切だと言うことです。

こう書いていて、再確認しました、これはそのまま、コンサルタントの能力だと思います。
posted by まる at 08:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

日々の積み重ねが大切

今日会社帰りに書店に寄ってみたところ、原田氏の新書が平積みされていたので、迷わず買ってしまいました。

大人の生活指導.jpg
大人が変わる生活指導

ご存知の方も多いと思いますが、原田氏は数年前まで大阪の公立中学の体育の教師だった時に、その卓越した指導方法で、陸上部を何度も日本一にさせたという素晴らしい方です。

その指導方法は、スポーツの指導という側面以上に、日々の家庭生活から改善をし目標を立てて、実践していくという、当たり前ですがなかなか出来ない事をきちんとおこなうことで、人間としての成長も同時に出来てくるというものです。

今では、大学の講師や企業での講演など幅広い活躍をなさっています。

原田氏のリーチング理論を基に、私も改めて目標を設定していこうと思いました。

大きな目標には、日々の小さなことを確実に実行していくことが重要だということです。

まだ、ご存じない方お奨めです!
posted by まる at 20:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

マインドマップ

今週号の週刊ダイヤモンドの特集は「新節税術」毎年確定申告を迎えるこの時期雑誌の特集としては多いですが、今年はいよいよ定率減税の廃止もあり、個々人の人もお金に注目するべきだと説いています!
.
私もFPとして色々と相談を受けたりしますが、収入と同時に、税金、年金、社会保険、貯蓄などなど、入ってくるものを分かっていない人はいませんが、出て行くものに注目すべきだと思います。

弊社でもライフプランの作成をしていますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

さて、今回のダイヤモンドで取り上げられている話題がタイトルにした「マインドマップ」
マインドマップ.jpg

この思考法、ご存知の方も多いと思いますが、人間本来の脳の思考法を目に見えるように、書き出していく方法です。

自分ひとりで考えるときにも使えますが、ミーティングなどで使うともっと効果的、私はクライアントさんとのミーティングで使えるように練習しています。

1年半ほど前に、マインドマップの本を買ってから、何か考えるときにはこの発想法を使います。

A3の用紙に書き出すと、通常のノートへのアウトプットと違って分かりやすくできてくると思います。

週刊ダイヤモンドによると、最近コンサル会社だけではなく、大手企業の研修などでも取り上げられているとか。

ご存知でない方、マインドマップの思考法、ぜひお勧めです!

posted by まる at 20:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

ロールモデル

今年になって改めて、手帳にこだわっています。
スケジュールだけでなく、目標や行動計画などなど、たくさん書き込み、たくさんファイリングしています。
おかげでバイブルサイズがぱんぱんに膨れてしまっています。

この手帳の中には、何人かのロールモデルの考え方なども書いているのですが、その中の一人である、
稲盛和夫氏の著書「生き方」という本を買いました。

今年は、個人として会社としてどんな価値観で仕事や人生を送るかということにこだわってみたいと思います。

稲盛氏のすばらしい点はたくさんありますが、「京都賞」の創設が本当にすばらしいと思います。

少しでも、氏の理念に近づけるよう日々を過ごしていこうと改めて思いました。

ところで、最新号のプレジデントの特集は
「大富豪の行動習慣」その中でも、表紙にあるように柳井氏と孫氏のビジネスに関する独自のポリシーは凄く納得させられる、その両氏が参考にした考えがマクドナルド創始者のレイ・クロックの行動指針だとか。
こちらもビジネスの原点を改めて考えさせられる、名著だと思いました。
new.jpg
PRESIDENT (プレジデント) 2007年 2/12号 [雑誌]

最後に、
道幸武久氏の著書「会社の寿命10年後の生き方」

の本も同時に昨日購入しまして、今日・明日の通勤で読もうと思っています。
自分のライフスタイルを考える意味でも、面白そうな本だと思います。
感想はまたの機会に
posted by まる at 07:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

古書の正しい見つけ方!?(ブックオフ)

書店めぐりは大好きで、会社員時代から営業の途中で時間が空くとよく書店に行っていました。
独立してからも、相変わらず良くいきますが、時間帯は週末のスポーツクラブの帰りに集中していくというパターンが多くなっています。

もちろん本を買うことが目的ですが、どんな本が流行っているのか、どんな商品陳列をしているのかというのも、マーケティンとしては楽しく、興味深く見ています。

そして最近の傾向としては、実際に本を買うのは、時間を節約するためにアマゾンというパターンが多くなってます。
アマゾンの凄いところは、しっかりマーケティングをしているので、私が興味を持つような商品をダイレクトに紹介してくることです。
まさにOne to One マーケティングをきちんと実践していますから。

しかしいずれにせよ、新刊を買うことがほとんどなので、ブックオフはほとんど出かけたことがなかったのです。

先週、久々に出かけてみると以前購入しようと思っていた本が沢山ある(当たり前か)そんなわけで、何冊かまとめ買いをしたのだが、二つほど紹介を

一つ目は顧客サービスということに視点をあてた「超」一流のサービス50のヒント


そしてもう一つは 7つの習慣で有名な コヴィー氏の理論をもとに書かれた 手帳活用術 これは絶対お勧めです。


これは、3週間の実践ワークブックになっていて、1月7日から27日まで実際に活用を始めましたが
現在私が使っている、バイブルサイズのリフィル手帳をどんどんバージョンアップさせてきてます。
手帳の使い方の奥深さを改めて感じています。

時間の有効活用、自己成長、自分の目標達成のためにも、すごく役立つと思いますよ。
posted by まる at 22:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。