2008年09月07日

今日は通り雨で

9月に入ってから、また暑さがぶり返してきましたが、ココの処空模様も不安定に。

まさに女心と秋の空ですか・・・

今日も午後から会社に出かけ、用事を片付け、夕方帰宅したのですが

通勤はもちろんバイクです。

ちょっとぽつぽつ来たかなと思ったら。

雷雷とともに突然の大雨、一瞬にして道路が川のようになってしまいました。

さすがにそれ以上戻ることも進むこともできず、途中の高速道路の高架下でようやく雨宿りをしたのですが

益々雨雨と雷雷が強くなり、だんだんカラダも冷えてきたので、

少し小降りになったところで、エイヤーと、バイクを漕いで帰ってきました〜

久々に凄い濡れ鼠になってしまいました。

帰宅後はバイクバックに入っていた書類を乾かすのに大変でした。たらーっ(汗)



posted by まる at 21:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

暦はよくできたものですね。

処暑を向かえ、前日までの暑さが嘘のように、朝晩は涼しくなりましたね。
今日は月に一度の読書会でした。

今日からは新しいテキストですが、今まで同様 森信三先生です。

70歳を超えてから、中学生にわかりやすく人生を話した講和をまとめた内容です。
ですので、あまり難しい言葉を使わず、またポイントを絞って説明していますので、読みやすくなっています。

この時間は本当に貴重な時間です。

さて、下の写真ですが、Yさんよりいただいたものです。

大峰山でしか買えない、貴重なお薬だそうです。

        IMG_1429.jpg

私は胃腸があまり弱くないですが(むしろ強いほう)、飲みすぎの時には使えるかもしれません。

パッケージもそれっぽくて良いですよね!
posted by まる at 22:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

今度は日本で地震ですね

中国四川の地震被害もまだ行方不明者が沢山という状況の中で、日本でも大きな地震がおきてしまいましたね。

新聞か雑誌か忘れましたが、東北地方では30年に一度大きな地震がおきているという記事を最近読んだばかりで、本当に驚いています。

報道等を見るにつけ、自然の怖さと人間の無力さを改めて思いますが、不明者の一日でも早い発見と、
被災された方の、生活が早く元通りになることを願っています。

阪神淡路の震災から早いもので、13年が経ちましたが、それ以降も新潟や福岡そして東北地方と沢山の地震が起きていますね。

天災は忘れた頃にやってくるといいますが

10年余りの間にこれだけ起これば、我々もいざというときの対策を考え準備しないといけないですね。

まずは、家の中のもの、会社のもの、昔と違って大きなもの重たいものがありますので、対策を講じることと

持ち出すものの準備をしておきたいと思います。
posted by まる at 07:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

中国もミャンマーも

中国の四川地震、ミャンマーのサイクロン

これらの情報が明らかになればなるほど、そして日にちが経つほど、被害と犠牲者が増えています。

為政者は相変わらず、国の権威が第一で、犠牲者は第二というスタンスのようです。

聖火リレーと救援活動

国民投票と救援活動


どちらが、重要な事なのかは誰に聞いても明らかなはず

しかし、為政者はそのことも判りません。

直接現地に行けない、我々が出来ることは何でしょうか。

重要なことはこれだ、正しいことはこれだという判断基準を持つことと、きちんと政治や世の中の事に関心を持つことでしょう。

今日、ミャンマーが人的支援を受け入れると表明したそうです。

決まった以上は、早く行動を起してもらいたいと思います。
posted by まる at 18:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

ミャンマー

ミヤンマーのサイクロン被害が、二次災害に繋がって大変なことになっていますね。

自然の被害は防ぎようのないことも多いですが、政府が全く機能していない状況は、まさに人災です。

ここ何年もミヤンマーの軍事政権の問題は取りざたされていますが、ここに来て完全に、世界中の批判にさらされています。
そもそも歴史と言うのは、勝者のものですから、時の政権が国家を作るという段階で、為政者の都合の良いようにしていくというのは避けられない事実でもあります。

しかし、現代のようにグローバル化され情報が行き来している中で、諸外国の援助を拒んでいる、政府は何をかいわんやです。

歴史はいつも、市井の人が犠牲になってしまいます。

一日でも早く、被害に合われた人たちに援助が届くことを願っています。

軍事政権はすぐに崩壊はしないでしょうが、このタイミングで世界中の世論が後押しすることを期待しています。

でも、それより怖いのは、ミャンマーどころではなく、そもそも国内の情報が諸外国に出ていない国家がまだ存在するという事実ですね。
posted by まる at 21:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

聖火リレー

それにしても、今年に入って中国関連の話題がニュースにならない日は無いですね。

食品や、環境問題は常のこととして、チベット問題、そして聖火リレーと・・・

日本でも長野で聖火リレーが行なわれましたが、善光寺が辞退したように、「平和の祭典」の一翼を担うはずが、政治問題になり、トラブルになり、参加者も見学者もそして国民の多くも後味の悪い結果となったようです。

政治の話はデリケートな部分も多いので、簡単にコメントは出来ません。

しかし、少なくても誰かが誰かの自由を奪うということには、あってはならないことで、お互いを尊重し、お互いに認め合う関係を、個人でもそして国家のレベルでもやれれば住みやすい世の中になるはずですよね。

為政者、庶民、その間に広がる大きな隔たりは、世の東西を問わず、太古よりあったわけで、それが歴史を作ってきたのですから・・・

今回の聖火リレーを通して、全世界に中国やチベットの事が報道されたのは、人権問題について考えるという意味では大きな進歩と見るべきでしょうね。

後は、チベットやその他の人々に取って少しでも良い方向に向かい、最終的に無事にオリンピックが開催されるのを、スポーツファンとして望みたいと思います。



posted by まる at 06:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

山梨での話題

昨日はお彼岸の墓参りを兼ねて山梨に帰省しました。

実家に着いて地元の新聞に目を通すと、山梨ならではのローカル記事を読んでいましたが、その中に全国的なニュースが2題

一つは
今話題のスペースシャトルに乗船している土井隆雄さんの出身中学が甲府で、先日の首相官邸での宇宙ステーションとのやり取りに参加したのが母校である甲府東中学生の5人だったということ。

そしてもう一つは
JR中央線の駅に「竜王」駅という将棋ファンなら一度行ってみたいと思う面白い名前の駅がありますが、そこの駅舎を建築家の安藤忠雄氏がプロデュースしたという話題です。
昨日23日に安藤氏が参加した完工式典があり、本日始発電車より供用が始まるそうです。

そんなわけで、楽しくなる話題もあり、短い時間でしたがゆっくりとしてきました。

この写真は、中央道から見た富士山です。
午前中は天気もよく、きれいな富士山が見えていました。
            IMG_1413.JPG

いい気分(温泉)帰りには勿論大好きな「ほったらかし温泉」に入ってきました。
posted by まる at 06:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

今日は春節で

弊社のオフィスは関内・馬車道です。

ここは、赤レンガパークも、みなとみらいも、中華街もそして元町も(ちょっと遠いですが)徒歩圏内ですわーい(嬉しい顔)

今日は春節ですね。

中華街では、今日をピークに年末からイベントの真っ最中です。

ということで、たまには中華街に足を伸ばして食事をしました。
    ビール.JPG
とりあえず、ビールですね。

中華街はいつもで賑やかですが、この時期は特に人出が多いですね。

中華料理はどこでも食べられますが、やはり中華街で食べると、一味違いますexclamation
    fortunecookie2.jpg
ご存知の方も多いと思いますが、フォーチュンクッキーです。
お菓子の中におみくじが入っています。

これも縁起物です。


posted by まる at 23:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

天高く・・・

今回も言葉の事

秋のことを現すのに「天高く馬肥える秋」という素敵な言葉がありますよね。スポーツも読書も、そして勿論食べることも大好きな私としては、この時期よく使う言葉の一つです。

ところが、この言葉本来の意味は、すがすがしい言葉ではなくちょっと違った意味があるというのを、先日雑誌を読んでいて知りました。

その由来というのは・・・
漢字のルーツ中国からの伝来です。

2000年ほど前の中国では、毎年秋になると、匈奴という北方の遊牧騎馬民族が侵略してきて、冬のための食料や衣料などが奪われたそうです。
匈奴は夏の間にたっぷりと草を食べた「肥えた」馬に乗って襲ってくるので、当時の中国の人々は匈奴の来襲を恐れて
「天が澄んで秋が深まる頃、匈奴が肥えた馬に乗ってやってくるので要塞の守りを固めよ」と警戒し、それが書物に残っているということでした。


なんだか、字面とは違い、怖い話ですね。

万里の長城は匈奴のような北方からの侵略を防ぐために作られたのは有名な話ですものね。

ということで、これからは、この言葉の由来も理解しながら、
この季節感特有の 豊作、すがすがしいという、大好きな秋を楽しみたいと思います。
posted by まる at 06:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

国債と消費税など

今日はちょと 政治・経済の話題です。

この夏の参院議員選挙でも争点となった諸費税問題。
政(まつりごと)をするためには、歳入=税収がなくては始まりません。
そしてその収入を増やす場合に方法は大きく分けて二つ手法があるわけですが、まずは税率を上げるという方法。


そして、税収がない場合、民間から借り入れる=国債の発行があります。

現在の国債発行残高は700兆円ほどだそうで、しかも財政赤字は1200兆円といわれています。

日本の場合、1980年代後半のバブル経済の頃は好況により税金が多く入っていたため、歳入は潤っていましたが、バブル崩壊以降税収が減少しまして、併せて幾たびも景気浮揚を目的にした財政出動が行われ、同時期に高齢化が進行し社会保障費が増加した結果、国債を大量発行するようになり、発行残高は急激に増加していったのです。

国債の大半は固定金利ですから、デフレにより名目成長率が伸び悩むことでGDP比の債務が増大しやすくなっています。

さらに、デフレ不況の長期化により、歳入は低迷し、歳出は(社会保障などで)増え続けているので、さらに国債を追加で発行するという悪循環になっています。

そこで、民間からの借金ではない、税収を増やすための手っ取り早い手法が、争点となっている消費税増税です。

そもそも、税金というのは担税力の平等をうたっているので、収入が多い人は、税金も多く、少ない人は税金も少なくというのが基本になっていて、所得税も、住民税も税率が決まっています。
しかし、消費税は取引額に応じてということですので、資産を多く持っている人も、資産が少ない人も、そしてもちろん収入のない子供でも、だれでも
100円のものを買えば5円の税金がかかるという、ある意味平等ではありますが、不平等でもあります。

今争点となっているのは、増税率をいくらにするかに加えて、全ての消費に同じ税率を掛けるのではなく、食品などの生活必需品の税率を少なくすべきだという点です。

ヨーロッパの多くの国は日本の消費税に当たる付加価値税には、光熱費や食料品などの生活必需品は別の税率を適用しています。

ですので、日本も消費税を上げる以上は、(制度は確かに複雑になりますが)その点を考慮する必要があると思います。

しかし、税収を上げる以上に、税金の無駄遣い、公的資金の無駄遣いにこそ、スポットをあてなければいけませんよね。

政治家の領収書問題もそうですが、もっともっと見なければいけない、国や地方自治体の無駄遣いもありますからね。

今回のブログ書き出したら、なんだか、アドレナリンが大量に出てきました(笑)

posted by まる at 23:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

保険金不払い問題

先週のTVニュースで、ほとんどの保険会社のトップが記者会見をして、頭を下げているシーンが映し出されました。

新聞報道によると、請求漏れ等で不払い額が判明しているのは

生保業界で910億円
損保業界で400億円だとか


ありえない数字ですよね!!

いろいろ理由はありそうですが、
根底には、「保険金は契約者からの請求がなければ払わない」という請求主義があるかだと思います。

これって、現在の民間企業各社の言う、お客様第一という事からは全く逆行しています。

病気や怪我などで、困っている方がいるのにも関らず、「言ってこないから知らない、時効です。」ってありえません。

そもそも、生年月日から、病歴などなど、個人情報の宝庫なのですから、それに対して、サポートすることは簡単なはず、

全く頭にきてしまいます。

もう一つは、記者会見でトップが頭を下げれば良いような風潮がいやですよね。
その請求漏れなどの方々に、きちんと連絡して、フォローをしたのでしょうか!?

少なくとも、請求もなかったからと時効の知らせをする前に、保険会社から「これこれの契約がありますがご存知ですか」と連絡していなかった期間は、時効の期間とはみなさないなどの対応をして欲しいですよね。

最近役所のサービスも向上してきました。

サービス業ではないですが
人生の買い物のうち、住宅の次に多くの金額を使うという、保険料金。

商品は手厚くされていても、それを扱う人の対応こそ、丁寧に手厚くきちんとしてもらいたいと思います。
posted by まる at 06:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

いよいよiPhoneが米国で発売されましたね

一昨日、アメリカでiPhoneが発売されたそうです。
iphone_hero_20070621.jpg
アメリカのアップルストア各店では、徹夜組を含めて行列ができたというニュースがマスコミを賑わせていました。

いよいよ、携帯電話も機能+スタイルで全く新しい時代に突入ですね。

本当に小さなパソコン、しかもおしゃれですよね。

日本では来年発売とか、とにかく楽しみです。

どこの会社が扱うのかということも興味深深です。
posted by まる at 23:40| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

テーブル・フォー・ツー

以前ニュースで取り上げられたが、
「テーブル・フォー・ツー」という運動が、横浜市役所の第3食堂で昨日から始まったそうである。

この運動は、
生活習慣病や肥満が社会問題になっている先進国と
飢餓や栄養不足に苦しむ発展途上国との不均衡を解消して
健康的な世界を実現するのが狙い
だそうで、

具体的には、一食あたり20円を発展途上国の学校給食として寄付する仕組みです。

そしてこの食事の特徴はカロリーを抑えたメニューだということ。

企業ではすでに、伊藤忠商事など4社で取り組んでいるそうですが、地方自治体としては初めてのことだそうで、
中田市長の積極的な取り組みは、素晴らしいことだと思います。

私の会社も、横浜市役所から徒歩圏内ですので、近いうちにランチをしに行ってこようと思います。

そうそう、ここの第3食堂の運営は、横浜の老舗である
「かをり商事」が応じたそうですので、ローカロリー+美味しいメニューが期待できそうです。
posted by まる at 07:19| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

食肉偽装

またもや、偽装事件の発覚です。

食の安全を汚す行為には断固として反対です。

ビジネスは、望まれなければ存在しない、望まれなければ成り立たちません。

会社が存在する理由は、その会社が提供するサービスが、世の中に必要だから、のはずです。

世間に求められ、「あの商品を使ったら良かった、あのサービスがあったから良かった。」
といわれるような会社になりたいと強く思います。
posted by まる at 23:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

特待生制度

日本高校野球連盟の60年も前に策定した「日本学生野球憲章」を盾に、全国の高校に「特待生制度」があるかどうかを申告させた問題、皆さんはどのように思いましたか。

少なくても、高校野球に一生懸命取り組んでいる生徒には罪はないと感じたのは、多くの方と同じ考えだと思います。

そもそも、問題の温床はプロから出ているお金の流れが明確ではないということ、そしてそこでの利害関係が入ってアンダーグラウンドになってしまったことですよね。

私立の学校が、スポーツや勉強で奨学金制度を採用しているのは周知の事実、私がいた県立高校でも、勉強という側面では「奨学金」が有り、できればいただきたかったことを覚えています。

いずれにせよ、高野連もこれを機会に、規則を変えながら柔軟に対応し行けば良いのに、先日の記者会見では、高圧な態度を変えていませんでした。

世間との感覚のずれ、それこそが問題だと思います。
posted by まる at 22:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

個人情報の保護により

個人情報保護法が公され「個人情報取扱事業者の義務」の条件施行されてから丸2年が経過しましたね。

この法律の良い点はもちろんあると思いますが、この法律を盾にされることで、不自由さを感じるのも事実です。

本来は、私たちの情報が、勝手に第三者に提供される事を禁じているはずなのに、権力者たちの隠れ蓑になる可能性もあります。

この事は、法律が国会を通過するときに反対意見を述べていた、故城山三郎氏の、懸念が現実になってきた思いがします。
私たちの情報は、個人情報保護法とは別の条件で、結構やり取りされているのは感じています。
もちろんそれは、民間企業ではなく、役所関係ですが・・・・
あ、あと金融機関も、与信情報ということでは、合法的にやり取りされているようですね。

さて、今日の話題は個人情報保護法により、活動ができないといった話題。
話題の主は、学生・生徒に奨学金を与え学業を助ける某団体
この団体は、家庭の経済的理由や個人の障害の理由などで勉強するのが困難な子供たちを支援・サポートしてきたそうです。

今まではその情報を、学校から情報収集していたそうですが、今は「個人情報」の名の下に、学校側が開示してくれないそうです。

それにより、支援が必要な家庭の子供たちに、情報を与えることができずに、双方が困っているとのこと、

法律の解釈は、様々ですが、不特定の第三者に情報を開示することで、その人が迷惑をこうむるのは違法といえますが、
「その人にメリットを与えるために、開示しますよ」という
打診をするなら、問題がないと思いますが、如何でしょう!?


個人情報保護の問題
本来の目的とははずれ、結構不自由な事が世の中にはあると思います。

posted by まる at 23:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

規則ですから

それにしても、金融機関の対応には、開いた口がふさがらない、先日子供の学費を振り込むために、某銀行に行き順番を待っていた。
銀行
私の場合、振込みは個人でも会社でも、ネットを使っているのでそもそも銀行の窓口に並ぶということがない。

今回は息子の学費を息子の名前で振り込まなければいけないので、自分名義の口座からは無理なのです。

さて、ようやく自分の番になりお金を窓口に差しだすと、
「失礼ですがご本人様ですか?」
「はい、私ではないですが息子の振込みです」
「それでは、ご本人様ではない場合、ご家族を証明する書類はございますか?」
って

自分の免許証は持っていても、戸籍謄本は持っていない。

住所を示し、住所も苗字も同じだからいいでしょうと言うと
「規則ですから」

振込先は、学校名、内容は授業料、そして金額も40万円程度。
大体、どこに問題があるのでしょう!

まあ、規則はしょうがないとしても、そもそもなんでそういう法律が今年から施行されたかという視点に立って対応するという柔軟な姿勢はないのでしょうか。

マネーロンダリング対策は良くわかります。

しかし、大体そういう輩は、そもそもこんな窓口で、振込用紙に記載するなんてしないだろうし、もっと巧妙な手法をとっていると思います。

親が、学校宛のお金を振り込むという行為に、金融機関は何のリスクもないではないですか・・・・

「規則ですから」今回は、たまたま金融機関のケースでしたが、他の商売でも、会社のルールなりを振りかざして、お客様に不満を与えているケースがあるのではないでしょうか!?

規則は作った目的の本質をきちんと理解して、対応しないと、お客様の満足度を下げてしまうことも多々あります。

顧客満足度を図る指標は簡単で、
自分が相手の立場ならどう思うか?
どうしてもらいたいか?

些細なことですが、重要な事だと改めて思います。
posted by まる at 22:10| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

非接触型カード

いよいよ今週末から、首都圏ではパスモのサービスが始まりますね!

JRはオレンジカードから始まり、イオカード、スイカへの変遷。
私鉄・地下鉄は、各社のカードから、相互乗り入れのパスネットへの変遷があったわけですが、

いよいよバスも含めて、公共の乗り物は全て一枚のカードで済ますことができるというのは、画期的なことですね。

そして、乗り物だけでなく、お買い物まで。

消費者にとってはとても便利ですし、サービス提供者にとっても、現金の回収・決済業務の省力化につながり、切符なども含めた資源の無駄遣いが少しでもなくなれば、トータルでよい方向に向かっていくのだと思います。

現金を持ち歩かない便利さがある反面、セキュリティの部分での改善点はまだ残っているそうですが、新しいサービスが出るときにはそのようなことはあるのが当然ですよね。

便利さを享受しながら、私たちも(子供も含め)賢い使い方をしたいと思います。

小売業や、観光産業など、提携カードも沢山出てきますので、自分にとって一番利便性のあるものを選択する必要がありますね。

私個人的には、航空会社と家電量販店との兼ね合いですかね。

ただ実は一番今関心があるのが、私がほぼ毎日利用するセブンイレブンの新カードナナコです。
消費金額が増えそうですよね。(笑)
posted by まる at 22:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

不法投棄

新聞やニュースによると、家庭ごみ(生ごみから、家電まで)の不法投棄が続いて、その処理に時間と費用がかかってしまっているそうです。

特に高速道路のサービスエリアには、車で持ってこれるということや人の目が行き届きにくい点もあり、ひどい状態だとか!
たまたま記事になっていた中央道の談合坂は、私も帰省するときに常に利用しているので、場所が鮮明に思い出され、他人事ではないと思いました。

不法投棄の理由は、もちろんモラルの欠如だとは思いますが、実は根本的な問題もあると思います。

それは、以前「NPO地球村」代表の高木さんのセミナーで話を聞いたのですが、モラルだけではなく、法律を改正しないと不法投棄はなくならいないということ。

たとえば不法投棄がないヨーロッパ(特にドイツ)のシステムというのは、家電などを買うときデポジットさせるので、廃棄するとき、返金するのだそうです。ですので、みなきちんとお店に持ち込みますよね。

一方日本は、捨てるときリサイクル料金がかかるので、それならお金を払ってまで持ち込むのはしたくないといのが多勢を占めても仕方ない野かも知れません。

モラルに訴えられれば一番良いのですが、このように社会問題化してしまっている現状である以上、対策としては、
どちらにコストをかけるのが良いのでしょう?

それなら誰が考えても、買取にコストをかけて、ごみの収集・選別のコストを減らすほうが、行政レベルで有効なことだと思いますよね。

地球の温暖化が進み、今年の冬は東京に雪が降らないとう現状を見ても、環境問題に、本当に一人一人の取り組が重要だと改めて思いました。

弊社もチームマイナス6%に参加していますが、まずはごみを減らすということ、無駄なエネルギーは使わないことなど、継続して取り組んで行きたいと思います。
posted by まる at 07:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

企業倫理

ここ数日不二家の問題が報道されている。
それにしても、トップの認識、生産現場サイドの認識にはあっと驚くことばかりである。

企業は何のためにあるのか、どんな倫理観に基づいてビジネスをしていくのか、改めて考えてもらいたいと思う。
今回の問題では、消費者に迷惑をかけていることはもちろん、不二家の看板を出して商いを続けていた、レストランや洋菓子店の経営者に対する信頼も裏切ったことは、企業としての最大の汚点である。

世にあまたの会社があり、素晴らしい理念の下、そしてTOPの下、経営を続けている会社も沢山あるが、なんと言うことだろう。

企業経営には利益追求とコスト削減という大きなテーマがあるが、根底に正しいサービスを提供するという理念がないと、全く別解釈のコスト削減をしてしまうという過ちを犯してしまう。

信頼を築き上げるのは地道な努力が必要だが、失うのは簡単である。

今回の問題、企業の経営にとどまらず、組織を運営する人間に取って、改めて「理念」ということを考えさせらた事象であると思う。
posted by まる at 08:41| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。