2006年12月10日

銀行のサービス

先日の新聞に銀行の決算が載っており、概ね近年の最高益を更新とのことであった。

2003年の春 日経平均が7000円代になった時に、公的資金の投入をし銀行を潰さないという政府の方針に、外国からの株式市場への資金流入があったのがつい昨日のことのようである。

各行はほとんどゼロ金利での資金調達をし、様々な施策を打ち、もちろん預金者への金利は全くない条件での経営の建て直しである。

さあ、今度は当然、預金者へのサービスをと期待しているが、まだまだ思うような金融商品も無い状況である。

そのなかで、三菱東京UFJがコンビニATMでの平日昼間の引き出し手数料の無料化を打ち出していた。

これがすごいサービスなのか?

私は2000年に新生銀行ができてすぐ口座を作った。
なんといっても、
24H365DAYS入出金手数料金ゼロ円もちろんセブンイレブン銀行でもOK
そして振込み手数料ゼロ円

だから、銀行の窓口に並ぶことは全く無い。

そこで、その他の銀行窓口の混雑を見ていると、サービスを変えたほうが良いと思う点がある。

現在平日昼間の手数料を無料にして、夜間&休日に手数料を取っているが、全く逆にするのはどうだろう?

そうすれば、お金を引き出すのは仕事が終わってからまたは早朝など、銀行がすいている時間にシフトすると思う。

他のサービス業でも、「混んでいる時間は割高」「空いている時間は割安」を打ち出すことで、集客の平準化と、スタッフの適正配置ができている。

資金相談などの窓口業務は接客の必要があるが、振込みや入出金は無人でできるはずなので、コスト削減にも繋がるし、なにより預金者への利益の還元サービスの提供に繋がるはずである。

そう思いませんか!みなさん!

そんなことを思った、銀行のニュースでした
posted by まる at 10:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。