2009年02月23日

氷を見なくなったら

横浜に住んでいて、池や川に氷が張っている様子を全く見たことがありませんが、山梨では実家の近くにある、神社の池が牡羊座凍っているのを、冬の時期には必ず見ます。

山の北側にあるので、一日の日照時間が少ないということもあるのでしょう。

昨日TVで埼玉県の狭山地方?(場所は失念しました)にある、天然の氷を作って、商売をしている氷屋さんの特集を少しだけ見ました。

池というかプールのようなところで、氷を作っていて、毎日ケアしながら15センチくらいになったところで切り出していました。
正確な大きさで収穫(というのかな)するのに、大きな機械を使っているのに驚きましたexclamation

一個の大きさは、1メートル四方くらいでしょうか!?
重さは50キロくらいありそうです。


ひとつの場所で50トン取れるそうですが、それでも一年に一度だけだそうです。昔は一年に三回は取れたそうなので、単純に生産量は三分の一!
商品が無ければ売り上げは伸びません。


色々な商売がありますが自然相手の商売の面白さと、大変さがよく出ていました。

山梨の氷の写真を取るのを忘れたので、近所に咲いている紅白の梅の写真を載せておきます。
       紅梅.jpg 白梅.jpg

こっちはすっかり春ですね。
posted by まる at 17:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

アースクールパートナー

今日から横浜では、アフリカの40カ国のトップが参加する第四回アフリカ会議が開催されています。

「アースクールパートナー」

世界では、アフリカ大陸のことをこう呼ぶそうです。

アマゾンの森林が作り出す酸素は、地球にとって圧倒的な量だそうですが、アマゾンと同様、アフリカ大陸の樹木は地球温暖化防止に無くてはならないものなのです。

アフリカのトップがこれだけ集まるという重要なイベントをサポートすべく、横浜市内では様々なPRがなされています。

私が利用している、電車横浜市営地下鉄では、ブルーラインとグリーンラインの合計40駅で、一駅一国ということで、駅ごとに一つの国を詳しく紹介しています。

これは、2002年のワールドカップ出場国が、32カ国だったときに当時ブルーラインの駅がちょうど32あったので、応援していたのと同じ企画です。

ちなみに、仲町台(私の最寄り駅)では、エジプトアラブ共和国です。
エジプトの国旗が翻り、様々なポスターが貼っております。

マーケティングの視点からも大変面白いです。

この3日間、環境問題を考えてみる良い機会になればと思います。

posted by まる at 21:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

リサイクルについて思うこと

昨日書こうとした環境問題の続きです。

皆さんは、リサイクルの一環として、家庭でのゴミの分別処理をしていると思います。

しかし本当にゴミは多いですよね、特に買い物をすると、袋やパッケージなど不要なものが出てきます。

それを、分別するわけですが・・・・

以前は
リサイクルについては、ペットボトルが洋服になった、プラゴミがハンガーになったなど、様々な製品に生まれ変わったといわれているので、結構一生懸命分別していました。

でも、本当にリサイクルが良いのでしょうか!?
という疑問がわいてきます。

現在弊社も参加しているチームマイナス6%では3Rと言って
Reduce
Reuse
Recycle
リデュース(減らす)
リユース (再利用)
リサイクル(再生)


とCO2の削減のために取り組みべき事が明確にされています。

しかし、最近勉強して思うのは
そもそも、作らない=使わないという
Refuse
リフューズ(やめる)というのがあってこそだと思います。


ゴミを分別してリサイクルするには、ものすごいコストがかかりますし、CO2も沢山排出します。

だから、そもそもプラ製品やペットボトルなど少ないほうが良いわけです。

環境先進国のドイツでは、
缶ジュースや缶ビールなど無いといわれていますし
瓶ならリユースできますものね。

消費者が出来ることも大切ですが、メーカーがすべきことも沢山あると思います。

作ったメーカーが回収してリサイクルできれば、良いんでしょうが、なかなか難しいこともありますので、

いずれにせよ、リサイクルということの意味をもう一度考えてみようではありませんか。
posted by まる at 07:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

食糧自給率とリサイクル

現在日本の食糧自給率は40%を切っているそうです。

いわゆる先進国といわれている国々の中で、50%を切っている国は日本だけだとか、

その割には、お店には食材があふれていますし、外食産業も年々拡大になっています。

原料はどこからきて、誰が生産して、誰が加工しているのかを、私たちはもっと知る必要があるんだと思います。

世界では食べられない人がいる一方で、日本では食べ物の廃棄量もものすごい量だそうです。

これは、コンビニやスーパーなどの流通業、和洋菓子、バーガーショップなどの小売業、そしてファミレスもすくめた外食産業などでの売れ残り、食べ残し、賞味期限切れなどが膨大な数になっているからです。

さて、食糧自給率でいうと、日本食に欠かせない、醤油や豆腐などの原料になる大豆類は国内自給率わずか3%だそうですどんっ(衝撃)

原油価格の高騰もあり、物価上昇が想定される現在、今までは輸入ができていたものが今後輸入できない可能性が高くなります。

資源が少ない日本において、物が入ってこない状況になると、「太平洋戦争に進んでいった当時と似ている状況になる」ということはあながち違うとは言い切れません。

当時は、今の日本の人口より少ない8000万人の人が、食べられなくなるから、海外の移住も政府の方針として奨励されていたわけですから!

「物を大切にすると」いうできることをはじめるのは当然として、生産現場を知る、かかわる、ということを少しでも意識していきたいと思います。

リサイクルについては、また明日。
posted by まる at 22:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

月から見た地球

今朝は素敵な画像をインターネットで見つけましたので、思わずブログに載せてみました。
      20071113_kaguya_02.jpg

この映像は、満月月周回衛星「かぐやが撮影して送られてきたものです。

我々は、このような美しい地球に住んでいるんですよね。

ぜひ、この美しい地球を次の世代に残せるように、地球環境に少しでも配慮しながら生活していきたいですよね。

CO2の削減、ゴミの削減、実践していきましょう。
posted by まる at 06:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

アメリカでペットボトルが・・

先日CNNを見ていたら、アメリカのミシガン州の都市でペットボトル入り飲料水をなくす決議をしたというニュースが流れてきました。

今回の決議は
ペットボトルは大量の石油資源を使い、環境汚染の原因になっている」との世論を受けて踏み切ったそうです。

今後は他の都市にも影響を及ぼしそうな話題ですよね。

ペットボトルは非常に便利な容器ですので、私たちも日常的に利用している反面、
リサイクルのコストがかかるというのも常識です。


私も環境問題に関心がない頃は、ペットボトルのリサイクルやリユースは、ただ焼却することよりも、資源の再利用としては紙と並んで一番ポピュラーで良いことだと信じていましたが、

作るために必要な石油量とコスト、再利用や処理するコスト、などを考えると、実は地球環境にとっては、良くないものなのです。


そもそも、環境先進国のヨーロッパでは、瓶はリターナブルがほとんどだそうで、リサイクルの前に、作らない、利用しないという前提になっています。

自販機やコンビニエンスも、アメリカや日本には普通にありますが、ヨーロッパはほとんどないそうですからね。

それに比べると
日本では、カンやペットボトルの回収ボックスが、自販機の前やコンビニ、スーパーの前に常設されていますものね。

そして、コーシーショップやファーストフードショップなどで、テイクアウトというと必ず、プラスティクのコップになりますし・・・

そこで、
私も、今年から マイ箸、マイボトルを携帯していますが、そうしないと本当に捨てるものが多くなっています。

無限に感じる原油も、もちろん有限ですし、
中東はまたまた、不安定な政治情勢ですから、
原油価格も一バレル100ドルになってしまいそうです
そうしたら、資源のない日本はピンチですよね。

いずれにせよ、みなさんも 環境問題や、エネルギー問題
常に関心を持ち、また自分に出来ることから取り組んで行きませんか!

次の世代へきれいな地球環境を残していくためにexclamation



posted by まる at 07:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

マイバック

アニヤハインドマーチのエコバックが限定発売され、世間を騒がせていましたが、今年の4月より、レジ袋の有料化をということで、一部の業界は実施し始めていますね。

それでも、まだまだ、スーパー・コンビニのレジ袋は大量消費されています。
少し買い物するだけでも、家や会社には、袋の山になってしまい、ゴミとして捨てるのは本当に無駄ですよね。

ということで、我が家では、近くのコンビニ(セブンイレブン)やちょっとした買い物に行くときに、この袋を持っていっています。
エコバック.JPG

布製で持ちやすいのですが、ちょっとかわいいので、私が持つのはどうかということもありますが、でも便利です。

コンビニ業界は、万引き対策なども含めて、まだまだレジ袋の使用は続けるようですが、少しでも、無駄な包装、無駄な袋は出さない、使わないようにしたいものですね。

もうひとつ、電子マネーということでは、セブンイレブンのナナコカードを利用しています。
ななこかーど

小銭の精算がないのが便利ですよね。

パスモもそうですが、便利な反面、お金を使った感覚が薄れていくような気がするのは、まあ仕方ないですかね。
posted by まる at 07:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

神田川がきれいになったそうです

神田川がきれいなって、魚や生物が戻ってきたというニュースを見ました。

もちろん、他の河川同様、ゴミを流さないなどの対策を取っていたそうですが、それ以上に驚いたことは・・・

東京都の下水道処理能力のアップでした。

今では、下水道の水を飲料水として使えるそうです。
(実際に飲んでいる人がいるのかどうかは知りませんが)

具体的には、下水道処理施設で浄化した水を、神田川に放流しているので、きれいな水が流れ込んでいるということだそうです。

人間の科学の力で、自然を破壊したなら、今度は科学の力で自然を再生できればそれに越したことはありません。
そうすればもともとある自然治癒力、微生物や魚などの食物連鎖などで、元通りになる可能性もあるということ。

今月は環境月間ということで、マスコミの話題も多いですね。

我々も、環境問題に関心を寄せながら、環境に良いこと少しづつでも始めましょう。

住みよい地球を、自分たちの世代だけではなく、次の世代まで未来永劫残していきたいと思いますからね。

posted by まる at 07:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

サマータイム

日本でも話題になって久しい「サマータイム」今年も再度議論されているようです。

ヨーロッパでは、普通に「サマータイム」があり かつて日本でも採用された歴史があるそうですね。

私は個人的に大賛成です。

人間は体内時計があるから、やはり日の出と共に活動を始め、日の入りと共に休息に入るというのが良いと言うのは、トライアスロンを始めてから感じることです。

もちろん、現代社会では夜の時間というのが有りますので、そう簡単な話ではないですが。

私の賛成理由は、サマータイムを導入することで、仕事の効率アップとプライベートタイムの充実が図れると考えるからです。
サマータイムにしても、24時間は変わりませんが、日照時間が長くなるだけ、早朝の仕事効率は上がり、早めの帰宅はまだ明るい時間なので、家族や友人と外出を楽しむこともできるはずです。

日本でも、北海道など一部で採用はしているみたいですが、やるなら国として実施しないと、中途半端になってしまいます。

アジアやアフリカでは少ないですが、欧米では多くが国も実施しているので、ぜひ日本もと思います。

皆さんはどうお考えですか?

そうそう、サマータイムは、夜の時間(暗い時間)をシフトさせるさせるので、電気代などエネルギーの削減にも役立ちます。
つまり環境にも良いんですよね。


posted by まる at 20:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

じてんしゃ図書館

今朝テレビでじてんしゃ図書館を運営している、土居さんという方のニュースを見ました。

全国を自転車で回りながら、環境に関する本を貸し出していくというユニークで素晴らしい旅を続けている方です。

詳しくはこちらをご覧ください。

また、ぜひその面白い「じてんしゃ図書館」の形を見てもらいたいと思いまして、ネットでさがしたところ、土居さんを応援している石田さんというかたのブログに写真がアップされていましたので、ぜひご覧ください。

百年の愚行.jpg
ところで、なぜこの土居さんが環境に関する本だけを、自分の自転車に積み込んで、貸し出しをしているかというと、上にある百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY" target="_blank">「百年の愚行」という本を読んで、人間は何て自らの手で自らの地球を破壊するというおろかなことをしたのだろうと衝撃を受け、すぐに行動を始めたそうです。

もともとは、この本を読んでもらいたい、図書館においてもらいたいということで、活動していましたが、なかなか図書館でおいてくれないので、それなら、自分が図書館になり、みなに読んでもらおうと思ったそうです。

でも土居さんの図書館は自転車で移動していますので、借りた人が返せません、ですので 返却不要だそうです。
その代わり、自分の知り合いに貸し出して、広めてほしいということです。

本当に凄い方だと思います。

みなさんに少しでも知ってもらえればと思います。

posted by まる at 11:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

今日から6月

今日から6月、衣替えですね。
学制の制服がさわやかになるのは、傍で見ていても涼しげな感じです。

企業によっては、公式にクールビズを認めるところもあるようです。

我々起業家はもともと、クールビズ!?ですので、特別な意識はないですが、季節や暦を感じる良い機会です。

そういえば6月は環境月間

安倍総理をはじめ、国会でもかりゆしウエアで仕事をこなす様子がニュースなどで報道されていましたね。

今月はドイツでサミットが開催され、環境問題がメインのテーマだそうです。

京都議定書に参加していないアメリカや中国の姿勢が問われると思います。

それにしても、中国の環境汚染はひどいそうで、先日上海に旅行に行った友人から、光化学スモッグで100メートル先が見えないという話を聞きました。

そしてその影響が、韓国や日本でも現れているそうです。

経済の成長は、生活を豊かにしますが、環境破壊は地球と人間に大変なしっぺ返しが来ます。

今回のサミットでの、各国のリーダーの決断を期待します。

もちろん、われわれも出来ることから、やって行こうと思います。
posted by まる at 20:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

エタノール燃料

ハイブリッド車は知っていましたが、エタノールで走る車があることは、今日の新聞で初めて知りました。

記事によると、トヨタなど国内自動車メーカーがブラジルで生産、販売を始めるとの事、

エタノールエンジンは、ウィキペディアによると

「化石燃料に比較して環境負荷が低い事や再生可能資源(renewable resource)で永続的に利用可能である点で多大な注目を集めている。」とのこと

環境問題に関しては、メーカーの立場から様々な取り組みがあることがわかりました。

また、ブラジルのエタノールは、サトウキビから取れるとの事も、既に25年以上も前から取り組んでいたことも、今更知って驚いています。

このブログで宣言したように、環境問題への関心これからも続けていこうと思います。
posted by まる at 20:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

アイスランドの選択

昨日の報道番組でアイスランドのエネルギー問題を特集していました。

北極圏の島国で、生き残っていくためには、輸入に頼るのではなく、自給できるエネルギーを如何に作り出すか、ということで、石油に代わるエネルギーとして、水の利用に取り組んでいるという特集でした

まずは発電ということで、水力を利用しますが、日本であるような水力発電ではなく、島全体が火山という特徴を利用しての蒸気による発電方法でした。

つまり地中から出てくる蒸気をためて、その力でタービンを回す方法です。余談ですがそれには日本の技術が使われていました。

そしてもっと驚いたのは、その蒸気で暖められたお湯を、都市部までパイプラインで運び、各家庭での暖房やシャワーに使っているということでした

その昔は暖を取るのに、各家庭で燃料を燃やし、最近ではガスや石油などのエネルギーを使っていたことを考えれば、格段の進歩です。

さらに驚いたことは、市内を走っているバスは全て水素燃料だということ、ガソリンエンジン比べてまだまだ劣っている点はあるとは思いますが、
石化燃料を使わないで住む点と、排出されるのが、排気ではなく水という点では、地球温暖化対策にも凄く効果があるのではないかと思いました。

現在アイスランドでは、公共のバスだけではなく、一般車両も数年の間に水素自動車を導入していく方針だとか、

アイスランドの国家としての取り組み、参考になる点が多いと感じた番組でした。
posted by まる at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

本をいただきました

かなり前のことではありますが、環境問題を考える意味ではとても素敵な、そして考えさせられる本を、知人のSさんからいただきました。

多くの方がご存知かと思いますが、あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
という本です。
あなたが世界を変える日.jpg

1992年6月11日にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた国連の地球環境サミットで、12歳の少女が語った内容といことですから、もう15年も前の話です。

しかし、現実問題としてとして、環境への関心と取り組みはまだまだであるといえると思います。

彼女のスピーチの一節にある「どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。」

は本当に重い言葉です。

われわれもできるところから、取り組んでいきましょう。

そういえば、先日コンビニで、カップ麺がカップに入っていなくて売っていました。

エコスタイルというタイプでした。
カップのリユースを薦めているのですね。

飲み物、食べ物たくさんありますが、
メーカーから少しでも、ゴミを出さない工夫をしていくことを広めてほしいですね。



posted by まる at 22:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

環境問題に真剣になろう

今日のニュースでは、
「日本、チェコの温室効果ガス排出権を購入へ」という記事が出ていました。

昨年チームー6%に参加してから、以前にもまして、環境問題に関心を持つようになりましたが、

知識として知っていることも少なく
また、自分で取り組んでいることとなると
まだまだな点が多いです。

でも、このままでいくと、地球温暖化が進み、環境が破壊され、次の世代にきれいな環境を残すことが本当に難しくなるのは間違いのない事実です。
4月に入りましたので、今年のテーマのひとつとして「環境問題」について、まじめに勉強していこうと思います。
そして、わかったことや、問題点はこのブログからも発信して行くつもりです。

再度宣言します!

今年はマーケティングの勉強もしますが、環境問題の勉強もしていきます。

みなさんからも、いろいろと教えてもらえればと思います。

そして、一緒にできることからはじめていきましょう。
posted by まる at 07:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。